JR吉備線服部駅から北に6キロの所に、鬼ノ城があります。
車の場合、中国横断自動車道岡山総社インターから北に9キロ、20分ほどでビジターセンター着きます。画像のように、無料の駐車場があります。(2021年3月)   
IMG_5488IMG_5491

築城年は7世紀後半頃とされています。
663年 白村江の戦いでは、日本・百済連合軍と唐・新羅連合軍が戦い大敗しました。
大和朝廷は日本の防衛の為に、対馬から近畿に至る範囲で山城を築いたとされています。
しかし詳しい事は分かっていません。
ビジターセンターで情報収集しましょう!
IMG_5490IMG_5492

【鬼ノ城伝説】
百済の王子(温羅・うら)が吉備にやってきて悪行をはたらいていました。
見かねた吉備津彦命(きびつひこのみこと)が鬼ノ城を拠点としていた温羅に矢を放ち命中。
温羅は雉に化けて逃走。
という、桃太郎の話の原点となった伝説があります。
なので城跡碑の画像は温羅の拠点だった石碑にしています。


標高397mの鬼城山に築かれ、山の外周に城壁が2.8キロの渡り築かれています。
IMG_5493IMG_5494

版築土塁の造り方やどのようなルートで周るか考えましょう。
今回は反時計回りで1周します。
IMG_5495
IMG_5497

まずはビジターセンターを出て、鬼ノ城の有名な写真スポットである学習広場の展望台です。
IMG_5499IMG_5501

案内看板には古代山城の分布図があります。大和朝廷の天智天皇が築いた城としては、
664年 水城
665年 大野城、基肄城
667年 屋島城、金田城 です。
それでは、メインゲートの西門からスタート!
IMG_5502
IMG_5504

石垣と版築土塁が融合しており、普段の城とはまるで雰囲気が違います。
流水による崩壊を防ぐ為、第1水門から第五水門まであります。
IMG_5506
IMG_5508

見事な高石垣です!
IMG_5509
IMG_5510

南門からは、総社の街並みが見えます。
門の道は石敷で掘立柱の門があります。所々に高石垣があり、石をふんだんに使っています。
IMG_5512
IMG_5513

約半周して東門まできました。見晴らしが良いです。環状に土塁が組まれていますが、その中には、食糧貯蔵庫、管理棟、鉄器製作の鍛冶工房がありました。
IMG_5515IMG_5516

第5水門から見える屏風折れの高石垣です。これが約1400年前に造られたとは驚きです。
水門だけでなく、貯水池としての土手もありました。
IMG_5517IMG_5520

屏風折れの高石垣の先端と所々にある土塁です。
大和朝廷の遺構が残っており、ロマンの塊です!
IMG_5522
IMG_5524

北門まで来ました。山の斜面にも石垣らしきものが残っています。
IMG_5525IMG_5526

北門を過ぎると城の中心部に行ける道があります。
中心部には礎石建物跡があり、管理棟がありました。IMG_5527
IMG_5528

そして西門に戻って来ました!
古代ロマンあふれる中での4キロ、約1時間の城巡りでした。
IMG_5529
IMG_5560

日本離れしたこの素晴らしい城の動画も録りました。
ロマンに包まれたリアルとファンタジーの城をぜしご覧くだされ!